×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

羽柴家
シナリオ 土地点 勢力点 武将点 20以上 合計
30 17 214 261
 基礎データー
 勢力圏
 シナリオ5 摂津(30)

 所有技術数
 シナリオ5 8

 武将点20以上武将
 羽柴秀吉(29)・蜂須賀正勝(21)・竹中重治(38)・大谷吉継(30)・加藤清正(23)・黒田孝高(36)
 通常シナリオでは群雄集結だけの登場なのだが、数字だけを見ても優勝候補筆頭だということがわかる。全員が武将点10点以上の能力を持っていて、在野には個性的な武将が並ぶ。更に周辺国を目に回してみれば陣営に引き込みやすい武将がいたりとまさに初心者向けの大名家といっていいほど優遇されている。難点とすればやはり初期配置の経済力が全体的に低いこと。同じ場所を開始地点としている真田幸村と違い城の硬さもそれほどではないので、全面を押し出していくのは難しい。ここは即効で播磨もしくは丹波を取るという戦術が必要になるだろう。経済力を考えると人材は発掘して探すよりも、他の勢力から取るという形のほうがいい。狙いは多数あるが確実にとっておくということを考えると、20人ぐらいまではとっておいたほうがいいと思う。

 秀吉・大谷・半兵衛・官兵衛の特殊戦術もちがいるので一旦覚えてしまえば後は楽という展開になる。それを活かすとすればやはり足軽を鍛えていったほうがいいと思うし、戦闘力の遅れをカバーできると思う。基本的には力を蓄えつつ攻撃目標を見定めていくというやり方がいいのだが、周辺国には強力な武将も数多くいるので油断は禁物。さじ加減を間違えないようにしたい。

前のページに戻ります トップページに戻ります