×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

世界一
(6年目)
 偶数年において日本一になった時には世界選手権の出場がその時点で確定します。実はこのイベント資金的に言えば少し美味しイベントでもし最後まで3戦をするということになれば9試合分の収入が入ってきます。しかも月末の資金減らしもないという状態です。ので、資金不足を感じるのであれば思い切って5000円にしてもいいでしょう。ただ今のこっちの状況は段階的に引き上げていって、今の入場料は4000円になっていますが。

 前シーズン末の補強としてFAで高井雄平を、そして自由枠で片山を入団させています。恐らく片山が戦力になる2年後ぐらいには井口のほうがおとろえてきてしまっているのでタイミング的にはいいでしょう。最も問題なのはこの片山。2の時に使っていた時にも感じていたのですが、ホームランか会うとかの選択しかできないほど極端に、巧打力がないのが最大の難点。しかも途中で体力だけなくなっていくからこれでも5年ぐらいしたらまたセカンドを探さなくて背景ないのがわかりきっているのが……

 5年目から始めているスタジアム拡張のための投資も、第1回目がようやく終わります。収容人数は倍の30000人。年末には2回めのスタッフ交代の可能性もあるので資金はとっておきたいものです。ので、今年は3回の拡張のための投資をしたあとは、来年以降にその投資を回すことにします。スタジアム拡張はオフの間にやってくれるので非常に楽ですが、それまでは15000人のスタジアムで生計を立てなければいけないので非常に辛いところです。

 スタメン・ローテーションは変わっていませんので省略です。

 4月……近鉄とデットヒートの最中にコバマサがセーブの日本記録を更新
 5月……デットヒート継続中で差が開かない。中には3連敗という悪夢も
 6月……首位を走っていたがついに首位を近鉄に明け渡してしまう。そもまま6月が終了
 7月……悪夢のテレビ局ランクダウン。しかもこういう時に限ってチームは絶好調に近鉄を抜き去ると一気に差を広げる。ここまでで松原が3ヶ月連続の月刊MVP。スタジアム投資10億達成。
 8月……下旬にマジック点灯。初の月刊収入5億円プラス超え
 9月……下旬に一気に優勝を決める
 10月……日本一。
 11月……全てストレートという怖い結果で世界一に。

 とりあえずこの段階でエンディングです。この段階でどの選手が登場するかというのを見たほうがいいと思います。現役選手もそうですが、なぜかSランクの実力を持っているのにAランクになっている選手も結構いますので、先にOBを見てどの選手が出ているのかというのを確かめたほうがいいと思います。自分は2の攻略本を持っているのですが、3の攻略本はブックオフ数件を探しても見つからなかった(昔一件だけあったけど)ので、結構の数OBが増えているという点にで要注意だと思います。もっと言ってしまえばある程度の有名選手を除いてもS級架空線酒が、A級OBに能力上負けることがあります。なので、要攻略本という形になると思います。

 世界一になったということは、ひとまず基本的な部分での攻略はほぼ終了です。あとは人事マネージメントをが中心になります。ただ他のチームで開始するか、それとも主力選手が出て行った状況での同じチームでのスタートができますが、個人的にはこのまま継続という形を取りたいと思います。4年だとできることも出来そうにないですし。自分が作ったチームを壊されるのが嫌なのでこのまま続けていきます。

 FAで王貞治を獲得。ホークスであれば絶対に欲しい人でしたので、まさか来るとは思いませんでした。トレード戦術に使ってもいいのですが、ホークスゆかりの人ですで、たとえ年俸が10億になっても出来る限り使って行きたいと思います。ただし活躍できる次期を考えると自分の記録を超えるのは難しいような気がしますが……そして新人でオバQこと田代を獲得。王はもちろん引退までこのチームで使います。田代は将来的に見て主力かつ交代要員の役目もあります。その代わりにズレータと村松が引退。世界一になったとはいいとしても、まだまだ安定した戦力という点ではかなり難しそうです。そろそろ先発陣に手を入れたいところですし。

 7年目・8年目「球場拡張」に続きます 前のページに戻ります トップページに戻ります